出張先から事務所内のネットワークに接続する方法【iPhone&iPad編】

仕事柄、プライベートなサーバーへの接続や、お客様のネットワークとの接続には、IPで制限をかけており、会社の事務所からしか接続できないケースが多く何か方法はないかということから、出先で使う端末からオフィスをプラーベートなネットワークでつなぐ方法を調べました。macとiPhoneについているVPN機能を使って、外出先から接続する方法をまとめました。

2015/6/5追記:Mac編公開しました。

前提条件として事務所は固定IPがあることが望ましい

IPとは、住所のようなもので、OCNやSonetといったプロバイダから割り与えられます。得に何も申し込まなくてもIPは割り当てられていますが、一定のタイミングでIPが変わります。

固定IPのサービスは、プロバイダから提供され、IPが変わることなく割り振られるサービスです。

固定 IPがなくても設定は可能ですが、事務所の固定IPが変わるたび、iPhoneの設定を変える必要があります。

 

事務所内のルータの設定を行う

最近のルーターや無線ルーターには、VPN機能が付いていることが多くあります。

※メーカーサイトなどで製品情報を確認してください。

今回はNTTフレッツ光を申し込むと提供される「RV-440」で設定する場合を紹介します。

ルーターにブラウザから接続

まず、事務所内のPCのブラウザからルーターに接続します。

RV-440は、「192.168.1.1」、バッファローのルーターの初期設定アドレスは「192.168.11.1」などメーカーやモデルによって違うので、説明書や本体ラベル、メーカーホームページで確認。

※nttのルーターの場合「ntt.setup」で接続可能。

ユーザ名とパスワードを入力

(NTTのルーターはユーザ名はuser、パスワードは初期に設定したもの)

image001

接続後メインの画面より「詳細設定」>「VPNサーバ設定」をクリック

image002

 

VPNサーバ機能の起動の右「有効」にチェックを入れ、「設定」をクリック

接続用のユーザを追加

image003

 

「編集」からユーザーを追加

image004

「ユーザー名」と「パスワード」を任意のものに設定し、「設定」をクリック。

事前共有キーをメモ

一覧に戻ったら「事前共有キー」を確認します。

image005

「表示」をクリックし事前共有キーを確認、メモします。

これで準備が整いました。

 

iPhone・iPad側の設定

VPN接続情報をiPhone・iPadに設定

「設定」メニューを開きます。

 

「一般」>「VPN」を選びます。

IMG_2697

タイプ「L2TP」を選択、

説明は事務所名など任意の文字、

サーバは事務所のIP、

アカウント、パスワードは用意したユーザ名とパスワード、

シークレットには事前共有キーを入力する。

接続テストを行う

IMG_2699

「VPN構成」をオンに切り替え、接続中と表示されれば接続OK。

これで、事務所のネットワーク内にiPhone/iPadがあることになります。

 

IMG_2698

 

VPNの設定を追加すると、「設定」の最初の画面にVPNボタンが追加され、次回以降の接続は非常に楽にできます。

MacでVPN接続

macからの接続方法はこちら。

出張先から事務所内のネットワークに接続する方法【Mac編】

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL